即興で生きる(Earth Breeze)

過去記事より


堰き止められた水は流れる先を知らず。
ある者は、大地を潤す源となり、
ある者は、翼を生み、風になった。



山本公成(ソプラノ・サックス)+ウォンウィンツァン(シンセサイザー)
EarthBreeze in Sayama Osaka 9.April.2014 Improvisetion.5
CDアルバム「Earth Breezeシリーズ」でも様々な即興演奏録音をお聴き頂けます。


即興演奏は、川を流れる水のよう。
小川をせせらぎ、濁流のように流れ込み、大河のごとく浮遊し、
そして、あなたという海へ還る。

即興演奏は、空をゆく風のよう。
花びらと舞い遊び、木々をなぎ倒し、寒暖を運び、
そしてあなたを夢の先へといざなう。


トークでも演劇でも音楽でもダンスでも
即興の表現にライブで触れることを強くおすすめしたいです。

今日ご紹介したのは音の即興コラボ。
その瞬間の、行く先も分からない二人の交わり。

音と一緒に旅して即興で生きる感覚をつかんだら、
次は私たちの番。

即興で生きるということは、
 信じた感覚と調和してゆくこと。
 自分で考え生み出すこと。

こういう生き方って素敵だなって思います。

日本のひと区切り、3月が今日で終わりますね。
新しい道を自分の足でいっぽいっぽ大切に歩いて行けますように。
行きたいですね!


 
関連記事

関連記事はありません。