洋の東西共通「音楽療法」からオリジナルへ


大震災で多くを失った経験や恐怖による心の傷、
その後の重い難病を
自分自身の歌声で癒やしながら、復活し元気になっていった、
たくさんの体験を込めた歌たち。

歌手・アイカさんのそんな歌<言霊・音霊>が、
「サウンドセラピー」として、
多くの人たちの共感を呼び、生活に取り入れられ、
元気になった人の輪は、女性を中心に少しずつ繋がり、
今、渦となって広まっています。

続きを読む