“確かな自分”を今へ生かす(Return to Ourselves)

過去記事より


即興演奏を聴く…

奏で手も聞き手も、
意識や思考が消え去った世界を
音とともに旅する。

今ここにいる自分という存在さえも消えて…。


そこがとっても素敵な場所であることは
誰もが知っていますね?

子供のころ、誰もが、我を忘れて夢中になった経験。
そこには、
自分へのジャッジも、
見られているという意識も、
恥ずかしさも、
時間の制限も、
評価を期待したり恐れたりするこころも、
なかったはず。

あったのは、
それを通り抜けた後に感じる
純粋に喜んでいた”確かな自分”という記憶。
意識や思考ではない、でもはっきり自分が在る、という感じ。

即興演奏は、演奏者自身が囚われのない状態で奏でることで、
“確かな自分”を私たちに見せてくれます。
そんな感覚をいっしょに楽しんでいただきたいです。

ピアノソロ58分の即興演奏。10分のダイジェストにまとめた映像をどうぞ。

ピアニスト、高橋 全
CDアルバム 「Reurn to Ourselves」としてついにリリースとなりました。




音楽好きが音楽に恋する瞬間に感じることは様々だけど
とても単純だと思うんです。
その時感じた最高に心地良い感覚を求めて、また音楽を聴く。
少なくとも私は、何十年もの間、そんな風に音楽を聴いてきた。

このアルバムは、「友である音楽」と「自分」が、
またさらに愛おしくなるような1枚。
そして同時に、音楽以外でも、毎日の生活の中で、”確かな自分”を感じる種が
あちこちに広がっていることを気付かせてくれます。

…………..

Return to Ourselves

自由。
それは、音が身体中にしみわたる「躍動の瞬間」。
それは、笑える、泣ける、感動できる「心」。
今、私は、自由。

自由っていうのは、外から与えられるものでも、追い求めるものでもないと思う。
奏で手が紡ぐ、とらわれのない自由な物語が、それを教えてくれました。
自由な感覚を自分の中で体感したい時、聴いてみてください。


関連記事