IGCD-074

One Poem One Painting (ワン・ポエム、ワン・ペインティング)[輸入盤]《CD》

,

販売価格(税込)
¥2,520
在庫状態 : 在庫有り

発送や支払い方法などについて >

数量

作品紹介
Lars JanssonとBohuslan Big Bandのコラボレーション第2作目。タイトル曲を始め、Lars Janssonの数々の名曲が一段と冴えたLars Janssonのアレンジで光る!Lars JanssonのLars JanssonとBohuslan Big Bandの名声を決定づけた作品。

ウッデバラ市500周年を記念して創られたアルバム。コンポーズ、アレンジは全てラーシュ・ヤンソンによるもの。ドラマティックなアレンジメント、各人の卓越のソロ、美しいラーシュのピアノがたっぷり聴けるアルバム。壮大さと、繊細さと、夢想的、幻想的なサウンドと・・。劇的な転調が琴線を揺する名曲Marionetto(imogenaの第一作目に収録されている名曲)のビッグ・バンド・ヴァージョンが聴けるという点でもファンには嬉しい一枚。(もちろんラーシュのソロもたっぷり聴けます)98年録音。

アーティスト:
ラーシュ・ヤンソン
ボーヒュースレン・ビッグバンド
メンバー & ソロ & パート紹介 (One Poemcomma One Painting)

■曲目リスト
01500 Years
02This And That
03The Man With The Umbrellas
04No Doubt
053 Heartbeats
06Red Leaves
07One Peomcomma One Painting
08Presence
09Marionett
…特にお薦め
音符マークが付いている曲名をクリックしてご試聴下さい。
【ジャケットデザインについて】
左記2種類のジャケットがありますが、ディスク内容は同じです。
入荷の度に異なりますので、デザインはお選び頂けませんがご了承下さい。

UDDEBALLA 500 AR 1998『One PoemcommaOne Painting』
All music composed and arranged by Lars Jansson.
1998年、スウェーデンのウデバラ市の500年記念のためにラーシュ・ヤンソンが作曲したピアノトリオとビッグバンドの組曲。市の記念事業でジャズのアルバムを作ってしまうなんて、ウデバラ市は理想郷のようなところに違いないと思ってしまう。
ボーヒュスレーン・ビッグバンドのメンバーの多くは、ウデバラ市に住んでいるか、接点のある人ばかりだという。
アルトサックスの音って、テナーサックスの音ってこんなにきれいだったけ。ベースの心地よい深さ。ピアノのこぼれるような粒だつ音。金管楽器のロングトーンやハイトーンの気高さ。ビッグバンドのアルバムを聴いて、楽器ひとつひとつの音の美しさに聴き入ってしまうことは、自分でもびっくりする。ビッグバンドといっても陽気、元気、ハイテンションなばかりでなく、こんなにもじっくりと聴くことができる。それは、ラーシュ・ヤンソンによる作曲だからということばかりでなく、プレーヤーひとりひとりの質の高い(技術も気持ちも)演奏が支えているからこそ。ミュージシャンの誇り高さが伝わってくる。
『One PoemcommaOne Painting』は、“500 Years”という曲からはじまる。
北欧のイメージからは、意外な低音と意外なリズムが昔の骨太の暮らしを思わせる。次々に楽器の音が加わり重なっていく。町に人々が集まり、祝祭の始まりのような雰囲気。昔の町の風景はゴロゴロの岩だらけの荒れた海岸だったのだろうか。時間や人や様々な力がそこに加わって砂利になり、砂になり、今は緑の溢れる落ち着いた町になる。美しい海辺の見知らぬ町の祭の風景を思い浮かべる。
#2“This And That”パーカッションとピアノが印象的。北欧にわたる風はこんな感じなのだろうか。ゆったりと木管・金管が交差してくる。早朝のピアノの音。人々が目覚め、一日が始まる。ピアノに重なってくる楽器が、町に人が車が行き交い、賑わっていくさまのよう。秩序とリズム、ゆったりとした時間、慌ただしい時間の繰り返しが、町が発展していく時の流れにも重なるような気がする。
ウデバラ市500年とインプットしたせいか、メロディーに歴史や時間の流れを意味付けて、物語を思いながら聴いてしまう。
ところどころで気付くホーンのロングローンの美しさ。まるでストリングスが演奏に加わっているのかと錯覚する。ふわぁっと広がり、やわらかに消えていく儚さには驚くとともに沈と聴き入る。
ピアノトリオとビッグバンドのための組曲というより、ベース・ドラム・パーカッション、ピアノ、ホーンとジャズに不可欠な3つの要素が逆に「ビッグバンド」というジャズのスタイルを打ち砕いているようにも思える。賑々しく勇ましいばかりでなく、オーケストラのシンフォニーにも、ワンホーンジャズにも聴こえる。もちろん、迫力のある音が、バリバリと響いてくるけれど、ビッグバンドによく言われる「厚い音」「厚みのある」より、深さのほうがボーヒュスレーン・ビッグバンドにはふさわしい。
ライナーノーツのラーシュ・ヤンソンの言葉に、北欧のモダニズム詩人Gunnar Bjorling とスペイン現代美術のAntonio Tapiesから多くの影響を受けているとある。タイトル『One PoemcommaOne Painting』とは、この二人から得られたのだろう。詩と絵画にインスパイアされて音楽も生まれる。詩と絵画と音楽とまったく別のものの存在が互いに作用しあっているように、このアルバムはいくつもの層が重なる多様性の美しさに溢れている。 ひとつの楽器がソロをとっているバックに聴こえる他の楽器が モダン、フリー、ビ・バップ…とジャズのいろんなスタイルを同時に演奏しているようであり、心地よく調和している。それは町の風景そのものなのだと思う。様々な人が様々な暮らしを営んでいるのが、美しい町なのだと思う。
— Momoyo Wada —


・在庫切れの場合、通常、数日〜1か月程で取り寄せ可能
(在庫切れの場合は、[カートに入れる]が [予約]になっています。)

「発送」と「お届け」

当日発送 平日(月~金)の午後2時迄のご注文。
翌平日発送 平日午後2時以降、土曜・日曜・祝日のご注文。
お届け方法 CD4枚まで…ポスト投函(〒ゆうメール、ポスパケット
CD5枚以上…お手渡し(〒レターパック。6枚以上はゆうパック)
但し、薄いデジパックCDは5枚以上でもポスト投函となります。
お届け日指定 代金引換の場合のみ、承っています。代引以外は「めがけて発送」。
お届け時間指定 承っておりません。(代引は不在通知が入り、再配達時のみ時間指定可能)

「発送」と「お届け」(ダウンロード商品)

クレジットカード決済後、すぐにダウンロードボタンが表示されクリックすると即ダウンロード可能です。(要会員登録) または、会員ページから決済後3日の間にダウンロードをお願い致します。

お支払い方法

  • 1.クレジットカード
  • 2.ゆうメール便の代金引換

送料・手数料

4000円以上 送料&全ての手数料(代引手数料)が無料
4000円未満 送料160円・代引の場合は代引手数料200円
2000円未満 送料160円・代引の場合は代引手数料300円

※ダウンロード商品のみをご購入の場合は、お買い上げ金額に関わらず、送料手数料無料