「どうしたんっすかぁ~?」に癒やされるの巻


「羽室さん、どうしたんっすかぁ~、顔めっちゃ疲れてますよぉ~?」

きのうの昼、出張先のランチの席でね、言われたんです。

そっかぁ、そりゃ疲れた顔してるよな、前の日、悲しいことがあって泣いちゃったんですもの。
いくら水で冷やしてもマッサージしても、しっかりバレてました。

「どうしたんっすかぁ~」ってね・・・笑
息子のような歳の男性からのこの屈託ない言葉に、ぐっと堪えていた緊張が
ぷつっと溶けて、すっごく癒やされました~。
ほんと嬉しかった。

今回、こんな「さとり世代」の人たちとも楽しくお話しができたし、
無理せず自然に話しが合う人、どこか自分と同じにおいがする人たちも多く
とても有意義な時を過ごしてまいりました。


ちょっとロックな感じの曲を聴きつつ、ゴキゲンに高速をぶっ飛ばし、、
あ、いえいえ、淑女運転をしながら戻ってきて、これ書いてます。


あ、「どうしたんっすかぁ」の原因は、
出張先で父の余命宣告の連絡を受けるというハプニングがあったから。
もう分かっていたことだし、歳だし、、、でもイザとなると丸一日おセンチに、、、
でも一日でスッキリして、今日はいろいろに集中できました!
我ながら、年の功だと関心しきり。

人の命は、平等にいつかなくなる。
とくに私と同じ中年世代の人は、ほとんどの人が何かしらを抱えておられるわけで、
親と向き合う時間、できる時に大切にしてまいりましょう!

しかしこんな時、何気ない人の一言に救われるってことがあるんですね、
音楽という存在もやっぱりありがたいです。

と、そんなワケですが、ショップの方はいよいよ娘デビューのたまに家内制工業で
元気に開店してまいります♪


  追伸:若い方もお爺ちゃんお婆ちゃんと、いっぱいお話ししてくださいね。^^


 
関連記事