あ・わ


星に願いをかけ
叶えられた幸せは
天からの贈りもの。

他のことなんてどうでもよくなるくらい
思いっきり、喜べたら

天にそっとお返しする。
ありがとう、って言いながら。

そして

明日は明日のお星様とお話しする。



お月様に願いをかけ
叶えられなかった願いは
天への捧げもの。

ふと思い浮かんだ人がいたら
どこかで誰かと通じ合い笑い合っていますようにと想う。

ふと悲しむ人が浮かべば
まんまるお月様でその姿を包み想うイメージをする。


私たち、ひとりひとりの願いは
きっとどこかで誰かに届き、叶えられている。

幸せや喜びは
巡り巡って
いつもどこかで誰かに微笑んでる。
巡り巡って
必ずいつかどこかであなたに微笑む。

巡り巡る喜びの輪の中に
私たち皆、いるんだね。


ひかりとともに – 高橋 全



スピリチュアルなんて分からないよって思うけど、本当にそうなればいいと、本気で思う。



関連記事