魔法にかかったら


先日に続き、一生に何度かあるでしょシリーズです。笑

今日は、魔法。

「魔法」は、いろんな愛の中にあるように感じます。

「自己愛」「伴侶への愛」「人類愛」「社会愛」・・・・。
私が知らない形も無数にあると思う。

私の場合は、子供であったと思います。

他の愛を抱くのがヘタクソだったから、子供に教わったような気もしています。

子供が生まれた瞬間、はっきり分かった魔法。

自分の存在がどうでもよくなったこと。
消えてなくなったと言ってもいいかも。

もう一つは、正反対な感覚なんですけど、

「自分はこの世に生きててもいいんだ」っていう、生まれて初めて感じた
確信というか安堵感みたいなもの。


魔法は徐々に形を変え続け、
大きくなった今は、見守ることと、子供の非常事態が発令された時だけ100%発揮される的な
ものになってきてる。

まだ道途中だけど、
親が自身に精一杯であったとしても、子供との関係に紆余曲折あっても、
最後まで子供たちを愛してくれた母を思うと、
やっぱり魔法自体は一生溶けることがないのだろうと思います。

年老いた父を見ていると「求めること」、それもまた愛だと感じます。


自分が感じたその安堵感、「魔法」をひとことで言い表すとしたら、こんな感じ。

えま&慧奏さんのアルバム「ははうた2」より「こもりうた」をどうぞ。



夕べ泣いてたキミが 微笑んでくれたら それでいい

ここですね。

もう10年以上前になるかな、、
この曲が出来てホヤホヤでたぶんほぼ最初の頃に披露してくれたライブで聴きました。

泣けたなぁ。

今日の動画は、duvel2005様よりお借りしました。
そして、えま&慧奏(ユライ)さんのサイトはこちら
http://www.yurai-works.com/

今日の沖縄のライブで、「ははうた3」がリリースされたユライさん。
ライブ、おすすめです♪


さて、

特に女性は、子供がいるいない、欲しい要らない、産む産まない、様々な選択肢や環境によって
感情が両極端に揺れる人、また、そういう時期がある人が多いと思います。
時代背景もありますしね。私もいくつかの想いを経験しました。

もし今。そんな思いに揺れている人がいたら、

母性は、多くの父性と同じく、子供の顔を見て初めて芽生える人もすごく多いこと。

それから「魔法」にかかって初めて子育てができるってこと。
そしてそれは生物としてとても自然なことだから、
もし、その時がきたら、「魔法」はきっと訪れます。

少ない経験の中で自分が感じたことを話しました。


いつかみなさんの「魔法」、、教えてほしいな。


きのうは、PTAの会に出席してきました。
子供が少ない地域に住んでいたので、
昔は役員なんて毎年2つ3つ掛け持ちで当たり前だったのですが
さすがにハイティーンともなると、回数は減り、
久々に娘の幼なじみのお母さん達に会ってワイワイの時間を過ごしました。

そんなこともあり、久々にちょっと子育てモードな今日でした。笑

明日は父の日、いろんなお父さんたちに、敬意を。そして、ありがとう!


関連記事