血液観察会


先日、血液観察会というイベントに行ってきたのでシェアします。

血は、プチッって一滴、指から採って、
顕微鏡で視て専門の先生方の説明を伺います。

いくつかの指摘があって、その内、
特に血栓が多いことが私的ポイントでした。

密かに気になっていた自分の身体の症状は
そのことが影響している可能性があるのだなと気づけて、その対策も聞けたり。

精神面も大切だけど、
快適にやりたいことに集中できる身体作りが
日々の習慣で簡単に改善できることであれば
積極的に取り入れていけます。

さらに、、自分でも気づかない習慣についてのアドバイスがとても自然に自分の腑に落ちたり
身体は色んなことを物語るなぁと感じました。

先生もご自分のご病気を治すことから始められたとのこと。


  ここ最近、命について考える機会が多かった。

  この前日は、海外にいる従姉妹が亡くなり
この日の夜はお葬式に行けない日本組が東京の親戚の店に集まり彼女を偲びました。

難病から生還した人、旅立つ人。
命の限りは誰にも分からないですね。

でも人はみんな死ぬ。

終わりがあるという現実を意識すると
不思議にいろんなことに対して心の余裕が生まれます。
その余裕は、集中や創造性に繋がるし、心から瞬間を楽しむことにも繋がる。

そう言えば今日は敬老の日でしたね・・・。


関連記事