似たもの同士で、オポノポノ


惹かれ合うのは「似たもの同士」。
立場とか、人種とか、性別とか年齢とか、関係なく。

誰かのことを強く思う時、そこにある感情がどんなものであっても
それはもう「似たもの同士」。

似たもの同士は、
大好きでも、ケンカもするし、仲直りもしますね。
憎いって思ってもそれはきっと、大好きな証拠。

あのね、いつもやってる 仲直りの方法があるんです。

自分の心の中で、仲直りするの。

相手にぜったい通じるテレパシー。

ネイティブ・ハワイアンに伝わる「オポノポノ」。

今や世界中に広まりつつある、「4つの言葉」を使った「問題解決法」とか「クリーニング法」とか言われてます。

「4つの言葉」を言ってみることで、

『 自分の本音に気づく 』

って、私は感じています。

時に、涙が溢れる時があり、
時に、エネルギー満タンになって、いきなり何かが始まる時もあり、
時に、悲しい結末を受け入れる勇気がでる時もあり、
時に、今じゃないんだなって感じる時もあり、
時に、どこまでも愛が溢れてとまらなくなる時もあり。

「ごめんなさい」「ゆるしてね」「ありがとう」「あいしています」

4つの言葉、あなたの中にいる 気になる誰かに言ってみて、
まずはスッと楽になって・・・
そして、自分の「本音」に触れてみてくださいね。


今日の曲は・・・

歌手、環輝美帆さん作詞作曲、オ・ポノポノな愛の歌 「 4つの言葉 」です。



オポノポノは、もしかしたらね、男の人には少し、、難しいかもしれない。
でもやってみて!

女性にはおすすめです。

ちょっと話がそれますけど、
娘の世代を見てると、女性が肩肘張って生きてく時代は終わったって感じます。
逆に、女の子だから、、っていう極端な育て方は、もう違うと思うし。

オポノポノは、女性の生き方の味方でもあると思います。
私たちは、小さな魂を大切に育む「小さな明かり」。

たくさんの小さな明かり達がいる「似たもの同士」の輪の中で共有しているのは、
必ずしも完全な愛じゃないけど、

でも、
「似たもの同士」が 惹かれて言葉が交わされ 愛になってく過程で、
性別とか社会的なこととか、得意なこととか、
大きな中でのそれぞれが活かされ
新しい時代が創られていくんだろうな。
あちこちで。

オポノポノで、小さな明かりさんたちの愛は、生き生き動き出す。

「自分の本音」に気づけば、大事なお題とか答えがいっぱい降ってくるもんね。

やってみて、オポノポノ♪



関連記事