人の振り見て 我が身を探す(スイッチの存在)


「類は友を呼ぶ」って思うことが、多々あります。

SNSとかブログで人の発言を読んでて、
自分とは違うのに、でも「分かるなぁ」っていうことが最近よくあって、
これがすごくすごく気になる。
違うのに分かるってヘンですけど。

例えば「求める」の中心にあるのが
「寂しい」時と、「感じたい」時だと意味合い違いますよね。

で、自分は普段「感じたい」の方の人間だ、って思っていても
「寂しくて辛い」っていう言葉を見ると、
自分の中にそれを探し始める。
「あるある・・・色んな記憶たち」ってなるわけです。
そこから今の自分の状態が浮かび上がってきますね。

受動・能動、苦手・好き、怖い・安心・・・・
とにかく、同じく心を感じることに重きを置く人に惹かれがちです。

類は友を呼ぶ・・・

そもそも人って、そんなことを感じたくて気づきたくて、
本とか映画とか漫画とか
ストーリーになったものを求めるんだと思う。


  そしてそれは、前回からご紹介している「セラピスト・トーク」の映像中で
語られていたことにも通じると思いました。

今日ご紹介する後半の映像では主に「グループ・セラピーの効果」が語られています。

様々なセラピーワークの中で「駄々のワーク」というのが取り上げられていました。

『人は、気付きが起こる時(=成長するとき)は、
子供のような状態に戻って自分の情動に正直な行動を取る。』

これよく分かります!

苦し紛れに発した言葉から「助けて」の声が聞こえる時ってありますもん。
誰にでもあること。もちろん私にも。
曰く、これって成長の兆しなんですって。

で、そういう気付きが起こるのに、個人よりグループの方が起こりやすいんだそうです。
人の心が揺さぶられているのを見て、自分の中に生まれてくることがあるんですね。

「人の振り見て 我が身を見つける。」です。

セラピストさんというのは、
人を丁寧に深く見て、その時その人に必要な「ひとこと」を置いていってくれる。
ポンとスイッチを入れてくれる。
そんな存在。

で、ふと感じたんです。
SNSやブログって、少しグループセラピーに似てる、って。
人と繋がりながら、いろいろ感じたり気づいたりしますものね。

深くて丁寧でピンポイントなのが、セラピーなんだと思う。


    ということで、

雑談、、、からのぉ~~~ 軽快なオープニング・ミュージック!
なんとも憎い演出から始まる「セラピスト4人の対談」第2部です!
「吉福伸逸の言葉」セラピスト・トーク Part.2
ウォン・ウィンツァンの千年カフェ vol.4



パート1を見てないよ、っていう方は、こちらをどうぞ。
https://youtu.be/2c2I14VlF3g


今回使われてるオープニング曲、ご紹介しますね。

タイトルは「燦燦」(さんさん)。

主催者のピアニスト、ウォン・ウィンツァンさんの曲は
少し憂いを帯びた美しいメロディが多い中、
たぶんこの「燦燦」が一番明るい曲だと思う。
それはきっと、美音志さんがアレンジとして加わったから!
「朋の時間~母たちの季節~」というドキュメンタリー映画の映画音楽でもあります。

小学生の時から何故かジャズが大好きという渋好みの娘が
すっごく気に入って、昔よくいっしょに踊ったなぁ。

「海より遠く」っていうアルバムに入ってます。

よかったら聞いてみてくださいね。
https://soundcloud.com/swbluemoon/umiyoritoku

サイトはこちら
http://www.satowa-music.com

ウォンさんの名前は、漢字で書くと「黄 栄燦」
日本語読み(というのかな?)では「こう えいさん」、
広東語で、発音すると、ウォン・ウィンツァン、ってことです。
(ん?合ってるかな)
燦ちゃんのカフェ♪の燦ちゃんのテーマ曲♪ですね。
かなり変わった立体アートなジャケットもめちゃくちゃ素敵ですよ。
奥様の美枝子さん作です。

ここだけの話ですけど(笑)、、燦ちゃんさんは、明日11日がお誕生日。
昨日はお身内でお祝いをされたそうです♪

そして明日7/11は大切なイベントです。
以前、映像をご紹介したこちら。

ウォン・ウィンツァンの千年カフェ
「REN 難民支援チャリティ コンサートVol.8 切なる願い 鈴木重子&ウォン・ウィンツァン」プレ・イベント対談
https://youtu.be/7iN5aDAcJts

ずいぶん前に満員御礼になったとのこと!
参加される皆様にとっても有意義な時間になることを祈っています。
そして沢山ご視聴くださりありがとうございました!


突然ですが、誕生日繋がりな追伸:

もう一人のセブンイレブンB-Dayのこの方は、
リトアニアのミュージックフェスティバルの旅から無事ご帰国!
まもなく報告記事が載せられると思います。
みてね!
体感型フルート奏者 波戸崎 操
http://ameblo.jp/misao-flute/


さて私はこれから関西へ帰省します。
かなりあちこちへの日替わり移動になりますが、外でもブログ書けるようになりたいな、、挑戦してみます。


また思い出した追伸:

人は、なにか自分にスイッチを入れてくれる人とか発言に惹かれていくんでしょうね。

どこの明かりを付けたいかでそのスイッチは変わっていくし
順番もちゃんと自分で分かってるのかもしれません。
たとえ順番を間違えていても、気付きはいつかやってくる。
そんな風に感じるこの頃です。

では、いってきまーす♪


 
関連記事